CATEGORY

TRAVEL DIARY

明日待子さん 北海道・札幌

新宿にあった軽演劇とレビューの大衆シアター「ムーラン・ルージュ」などで活躍し、「まっちゃん」の愛称で知られた明日待子(本名・須貝とし子)さんが今年7月、お亡くなりになりました。99歳でした。 明日さんは、結婚を機に札幌市に居を移し、「五條珠淑」の名で日本舞踊の活動を続けていました。9月8日には、札幌市教育文化会館で百寿を記念した「宗家(明日待子)芸歴八十六周年 百寿の会」が予定されていました。その […]

熊本・天草の旅

熊本県の天草に行ってきました。 【基本的に無宗教の私だが、この感覚はとてもよく分かる。ヨーロッパに行けば、教会、中東に行けば、モスク、アジアに行けば、寺(まぁ、実際はそんなに単純な構図ではないのだが)。人々の祈りや精巧につくられた建築をこの目で見て、厳かな雰囲気を肌で感じるために、その土地の宗教施設を観光目的で訪れることが多い。  個人的に、宗教をめぐる旅で印象深いのは、熊本県の天草を訪れたときの […]

福島県田村市の聖石温泉

福島県の田村市にお試しリモートワークした際に立ち寄った聖石温泉のお話を。 若い人が地方で頑張っている姿は心から応援したくなります。ぜひ。 ・好書好日連載BackBookPacker「#30  “エモい”温泉を求めて 福島・田村」 五月女菜穂

Tとルクセンブルクの旅

旅と本の連載が更新されました。 中学・高校時代から仲が良かった親友Tが、ルクセンブルクで生きることを決めたお話。 ルクセンブルク、またいきたいな〜。ぜひ。 ・好書好日連載BackBookPacker「#36 ルクセンブルクを選んだあの子 ルクセンブルク」 五月女菜穂 <br /> <br /> <br />

ヤンゴンの和菓子カフェ

旅と本の連載「BackBookPacker」が更新されました。 今回はミャンマーのヤンゴンで出会った「和菓子カフェ」のお話。 まさかヤンゴンで和菓子を食べるとは思わなかったなぁ。ぜひ。 ・好書好日連載BackBookPacker「#29 和菓子カフェと青年 ミャンマー・ヤンゴン」 五月女菜穂

ミャンマー・ニャウンシュエの旅

帰国して、早速ミャンマーのことを書きました。 色々とミャンマー国内を回ったけれど、印象的だった街はニャウンシュエでした。 結局、旅は人との出会いなのだろうと思うんですよね、最近。良い出会いがあればあるほどその旅は記憶に残る(まぁひとり旅でたとえ人と話さなくても、自分と出会うこともあるだろうしね)。そんなこと考えながら。ぜひ。 ・好書好日連載BackBookPacker「#28 今を噛みしめて ミャ […]

インドの旅

本と旅の連載BackBookPackerが更新されました。 今回はインドの旅のこと。忘れられない旅の一つです。ぜひ ・好書好日連載BackBookPacker「#27 退屈なのは、世界か、自分か インド・アグラ」 五月女菜穂 ご紹介した本はこちら↓ ちなみに、私が大学生の時に執筆した「インド旅」の本はこちら↓

イギリス・サウザンプトンの旅

本と旅の連載 BackBookPackerが更新されました。今回はイギリスのサウサンプトンのお話。行く予定もなかった街なのですが、とあるミュージカルを見たさに訪れることに…。旅って、やっぱり、こういう偶然があるからいいよね。 紹介している本は、段ボールアーティストの島津冬樹さんによる『段ボールはたからもの―偶然のアップサイクル―』(柏書房)。世界中の段ボールを求めて旅している島津さんの […]

栃木・日光の旅

旅と本の連載BackBookPackerが更新されました。今回は日光の金谷ホテルに泊まった時のことを。この旅からクラシックホテルのスタンプラリーを始めました。3年間で9箇所に泊まると、宿泊券がもらえるそう。夫婦でやる気満々です笑。 ぜひ! ・好書好日BackBookPacker「#22 はじめての「日本クラシックホテル紀行」 栃木・日光」 五月女菜穂

ホテル1899東京

お茶好きにはたまらないホテルを取材しました。新橋にある「ホテル1899東京」です。 10種類のオリジナルブレンド茶葉を提供、ウェルカムドリンクがお茶、緑茶成分入りのアメニティ、抹茶ビール…etc。とことんお茶でした。普段コーヒー派の私もすっかりお茶の魅力にとりつかれ…ぜひ! ・haletto「すべてのお茶好きへ。お茶づくしのホテル―新橋「ホテル1899東京」」 五月女菜穂