わたしの「南三陸日記」

南三陸町に行ってきました。
  
朝日新聞の三浦英之記者が書いた『南三陸日記』を読んで(新聞連載当時から読んでいたけど)、これは自分の目で見なければいけないなと思って。

−−−−−−
「瓦礫」は撤去されているが、防潮堤や震災復興祈念公園などの工事はまだまだ続いている。カーナビ上ではまだ存在していない、舗装されたばかりの道路を走るのは、トラックや工事関係車両ばかり。確かな「復興」の歩みを感じる一方で、その「真新しさ」が被害の大きさを改めて物語る。
−−−−−−
 
まもなく9年。少し立ち止まって考えてみたいと思います。
 
・好書好日連載BackBookPacker「#43 「あの日」を思い、考える旅 宮城・南三陸町

五月女菜穂