プレジデントウーマンの木下明子編集長を取材しました!

新記事のお知らせです。プレジデント ウーマンの木下明子編集長を取材しました。
これから日本で女性が活躍するために、何が必要なのか。大変示唆に富んだインタビューでした。

「平等を叫ぶのであれば、当然責任もかかってきます。育休を取る権利はもちろんあるのですが、その間のコストは会社や社会、自分以外の誰かが負担している。そのことは意識をしないといけないと思います。「私は子どもを産んで、働いてえらいのよ」というのはちょっと違うかなって。

女性活用に関して日本は後進国で、うまく働く女性が増えていかない現実について、どうしても男が悪い、社会が悪い、政治が悪い、という話になりがちです。確かに男性が悪い部分もあると思うのですが、全部彼らが悪いわけではなくて、女性自身にも「ちゃんと働くのだ!」ということを念頭においてほしいと思うのです。働くからには、きっちり社会的な責任がかかってくるのだということは意識しておいた方がいいのではないでしょうか」